ケアセンターとこしえ あたご

2016年10月アーカイブ

2016年10月31日 16:26

 みなさんこんにちわ sun

 

一気に寒さが肌で感じるようになった10月 happy01 肌寒さの束の間のポカポカ陽気に恵まれたこの日

 

事業所恒例になりました ” 電車でGO rock ” が行われました

 

正に秋の行楽日和にもってこい sign03 澄み渡った青空から旅はスタートです notes

 

DSCF7492.JPG

 

お待ちかねの米沢の有名人 ” 黄色いかねたんバス ” に乗り いざ米沢駅へ sign03

 

始まりました ”うれしい 楽しい おもしろい ・・・ そして感動 ”の 秋のプチ旅行 flair

 

DSCF7439.JPG  DSCF7440.JPG

 

我が米沢駅に到着 sign03

 

歴史と伝統のある城下町米沢 flair これが米沢駅です scissors

 

DSCF7450.JPG

 

さあ、切符を購入し電車に乗ります train

 

いつもより一駅長く乗れます happy01 普段なかなか切符を買うことがないお客様、ちょっぴり考えます

 

” なじょして買うんだっけが up ”

 

DSCF7455.JPG  DSCF7457.JPG

 

大丈夫です。 今は全部機会が教えてくれます happy01

 

無事に皆さん電車へ ・・・ 今回も無事の帰宅を願ってお見送りを ・・・

 

” きをづげでなぁ ~ paper ”

 

DSCF7480.JPG  DSCF7481.JPG

 

” ピー ” 車掌さんの笛の音で発車時刻です flair いざ伝統ある南陽市へ出発 sign03

 

DSC_0002.JPG

 

田んぼや畑を見ながら ” あれはキャベツだ ! ブロッコリーもなってんな ” など

 

畑談議で盛り上がりました happy01

 

今までは ”泣いた赤鬼 ”で有名な高畠駅での下車でしたが今回はもう少し長く ・・・

 

DSCF7486.JPG  DSCF7489.JPG

 

到着したのが ”赤湯温泉”で有名な赤湯駅です sign03

 

わずか30分の乗車でしたが別世界に来た感じで ” ウキウキ ワクワク ” happy01

 

DSCF7494.JPG  DSC_0005.JPG

 

ちょっぴり豆知識 flair

 

この赤湯駅の建物

 

赤湯にわざわざ県外からもやりに訪れるパラグライダーをモチーフにして作られたそうです happy01

 

言われてみると納得ですよね confident

 

 

DSC_0027.JPG

 

豆知識で赤湯に親しみを感じたところで今回のメイン観光 happy01 ”南陽の菊まつり ”へ

 

日本一の技と文化を誇る 「南陽の菊まつり」 shine

 

どうしても皆さんと来たかった happy01 その夢がかなって嬉しいです shine

 

DSC_0037.JPG

 

菊花展や菊花壇、玉菊など本当に種類豊富な菊のパレードで・・・

 

食用菊しか見たことなかった私には 

 

びっくり仰天 sign03 菊の盆栽もあり菊の魅力を味わいました shine

 

DSCF7512.JPG DSCF7513.JPG DSCF7517.JPG

 

そして、菊人形の”真田丸”迫力ある中に可憐な菊の花が ・・・

 

綺麗でかっこいい heart04 真田丸さん happy01

 

DSC_0050.JPG  DSC_0034.JPG

 

菊の名前は 「窮まる(きわまる)」 がその語源となり、

 

「一年の最後に咲く花」という意味もあるそうです happy01

 

花言葉は 「高貴」 「高潔」 「高尚」 気高く気品に満ち溢れた花姿に由来だそうです happy02

 

本当にこの存在感にはビックリ happy01 一度見ると目が離せない感じです heart04

 

本当に素晴らしかった heart04 

 

DSCF7506.JPG  DSCF7526.JPG

 

ゆっくり菊まつりを堪能してそろそろお腹も空いたころ smile

 

電車でGO恒例の駅弁の時間です happy01

 

肌寒くなり外ではちょっぴり寒くなってきたため今回は屋内 南陽公民館をお借りしました

 

お弁当は定番の米沢名物 ”どまん中”弁当ですが ・・・ happy02

 

今回は  ” みそ しお しょうゆ ”の三種類から選べる嬉しい楽しみが scissors

 

 

DSCF7529.JPG  DSCF7532.JPG

 

さあどれに ・・・ 定番醤油は王道 sign03 これぞ米沢牛の味が引き立つ

 

しかし、あっさり塩味もまた違った肉のうま味が出ており美味しいと好評 note

 

そしてみそ味、ちょっぴ辛がご飯と米沢牛との相性抜群 happy01 結局3種類すべて美味しいですよ heart04

 

米沢にお寄りの際はぜひ食べてみてください happy02

 

ボリューム満点のお弁当でしたが皆さんペロリと完食です flair

 

DSC_0060.JPG  DSC_0065.JPG

 

お腹いっぱいになったところで最後の目的地 ” 夕鶴の里 ”へ happy01

 

みなさんも一度は耳にしたことがる 「 鶴の恩返し 」 をモチーフにした民話の里です wink

 

この地域は製糸の街として栄え、地域の口伝えで残されてきた鶴の恩返しの民話

 

これをこれからも伝え、残しての思い出、この資料館や語り部の館が出来たそうです happy01

 

DSCF7537.JPG

 

どこか懐かしく落ち着く館内で、鶴の恩返しの映像や語り部体験をし、鶴の恩返しの世界へ ・・・

 

伝統ある製糸の歴史を民話という形で伝承していくことに興味を持ち

 

ゆっくりと見学しました shine happy02

 

DSC_0069.JPG  DSC_0089.JPG

 

どこか懐かしく幸せになるお話で心の満足 癒されました happy01

 

穏やかな気持ちで夕鶴の里を後にしました shine

 

伝統の民話をまた私達が受け継いでいけたらと思いますが ・・・ なかなか難しいですが wink

 

しかし、こうした心は未来に語り伝えていきたいと心から思いました happy01

 

DSC_0091.JPG

 

こうして、今回の電車でGOは幕を下ろしました happy01

 

南陽市の歴史と伝統に触れ、人の優しさを感じることが出来た一日でした happy01

 

魅力ある街に来れてたのしいさいっぱいでいした。 ありがとうございました wink

 

DSC_0057.JPG  DSC_0059.JPG

 

共に手を取り合い、笑顔で食事できたことに感謝です shine

 

天気にも恵まれ、人の優しさに触れ、華やかでもあり、何処か昔を思い出す happy01

 

DSCF7518.JPG

 

今回も皆様の協力で、無事に帰って来ることが出来ました。

 

米沢市の市民バスの運転手さん  JRの職員の皆様

 

菊人形会場のスタッフの皆様 南陽公民館の職員さん 夕鶴の里の職員さん 

 

皆さん笑顔で迎えてくださいました happy01

 

DSCF7536.JPG

 

そして、また思い出と皆様の笑顔を見れたことに心から感謝します happy02

 

また、笑顔の奇跡がたくさん見れるよう次の行事に向けて走り出します club

 

皆様、ご協力ありがとうございました。

 

【 ケアセンター とこしえあたご 介護職員 鈴木 麻理 】

 

 

 

 

 

 

 

  

このページの上へ