ケアセンターとこしえ 三泉

2013年10月アーカイブ

2013年10月 4日 10:43

認知症高齢者の数は2012年推計で462万人と言われ、その数は今後も増えていくと予想されています。

地域の中でも認知症の方と遭遇し困っている姿を目にすることもあるのではないでしょうか。

そのような地域社会の中で、 認知症について正しく学ぶことは大切なことです。

 

今回、とこしえ三泉、とこしえ陵南事業所合同で認知症キャラバンメイトをお招きし

「認知症サポーター養成講座」を開催しましたsign01

認知症サポーターとは、

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族をあたたかく見守る応援者のことです。

 

DSCF2012.JPG

 

真剣な表情eyediamond

 

DSCF2014.JPG

 

キャラバンメイトのわかりやすい説明sign01

 

DSCF2015.JPG

 

キャラバンメイトの経験からのお話や事例演習を含めた内容で、日々のケアにも活かせるものでしたflair

 

DSCF2016.JPG

 

とこしえ三泉・陵南にもたくさんの認知症サポーターが誕生しましたsign03

 

地域で認知症の方、その家族を支えて行きたいという思いを胸に、

こらからも地域の人に気軽に立ち寄ってもらい、おしゃべりしたり相談していただける

明るく元気な事業所作りを行っていきますsign03

 

DSCF2018.JPG

 

認知症キャラバンメイトの貴重なご講義ありがとうございましたshine

 

[ケアセンターとこしえ三泉 豊島]

このページの上へ