ケアセンターとこしえ 二色根

水害想定 避難訓練
2014年9月 5日 15:33

センター二色根の裏には、「吉野川」という川が流れています。

いつもはとても穏やかな川なのですが、昨年の7月、今年の7月と、河川が氾濫し、

何度も避難をしたり、土砂の撤去作業等を行いましたsweat01

 

河川が氾濫するまでの時間は、あっという間の出来事で、早めの避難判断と、

避難が必要になります。

そのために、日頃から防災意識を高め、訓練する必要性を強く感じています。

 

今回は、今年の7月9日に吉野川水害が発生した直後ではありましたが、

その時の反省や、今後の改善、振り返りの意味も含めて、水害想定の避難訓練を実施しましたflair

 

まずは、河川が増水した、ということを、目で確認します。

 

shoniirone_20140905_1河川確認.jpg

 

sho-niirone_20140905_河川確認2.jpg

 

 

その後、避難指示 

 

sho-niirone_20140905_避難指示.jpg

 

緊急連絡網 作動 

 

sho-niirone_20150905_緊急連絡網.jpg

 

避難誘導 

 

sho-niirone_20140905_避難誘導.jpg

 

 

sho-niirone_20140905_避難誘導2.jpg

 

同時に、避難グッズの準備、 フロアの避難準備をします。 

 

sho-niirone_20140905_避難グッズ準備.jpg

 

sho-niirone_20140905_避難準備.jpg

 

避難グッズは、いつでも避難できるように、ひとまとめにしています。

 

 

各職員は役割分担を行い、素早く 避難準備を整えます。

避難指示から、避難完了まで、15~20分程度かかりました。

現在は、水害想定のフローチャート作成し、より迅速に避難ができるようにと、

防災委員中心に準備をしているところです。

お客様に、より安心して頂く為、

安全確保の為に、日頃の心構えをしっかりとしていきますsign03

 

 

 

【ケアセンターとこしえ二色根 防災委員会】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tokoshie.net/mt/mt-tb.cgi/2124

コメントする

このページの上へ