ケアセンターとこしえ 二色根

「一次救命処置」の研修会
2020年1月20日 09:20

 

先日、置賜総合病院から、救急看護認定看護士の菅原明美様をお招きし、

「緊急時の対応」 救急蘇生法について学びました。

IMG_1785[1].jpg             IMG_1788.JPG

 

まず初めに、意識のない人を発見したら・・・

1)大きな声で声をかける 2)肩をたたく

反応がなかったら・・・4つの行動をします!

1)大声で応援を呼ぶ 2)呼吸の確認をする 3)心臓マッサージをする 4)AEDをつける

※心臓マッサージをする際の手の位置は、胸骨です。乳首と乳首の間の骨!

手は重ねて、手のひらの下のほうに力をかける。胸が5センチ下がる強さで押す。その時、ひじは真っすぐに!足は肩幅くらいに広げる!

 

 IMG_1796.JPG         IMG_1797.JPG

実際にダミーを使い、30秒間やってみました!

 

IMG_1792.JPG       IMG_1790.JPG     IMG_1789.JPG

 

皆さん息切れしながらも、絶え間なく、頑張りました!

30秒がとても長く感じ・・・でも、ひたすら押していきます。。。

心臓マッサージを行うにあたり、大切なポイントは3つflair

1)強く 2)速く 3)絶え間なく

素早く交換し絶え間なくマッサージを行います。一人では限界があります。だから、応援者は必要なんですねconfident

速さは、1分間に100回のリズムです!!

※万が一、呼吸をしていても心臓が動いていたとしても心臓マッサージはしても大丈夫

躊躇せず、心臓マッサージを開始します。

重要なことは早く心臓マッサージを開始すること。そのあとにAEDがあれば使用しますが、

強く・速く・絶え間ない心臓マッサージを行えれば、AEⅮがなくても大丈夫です

AEDを使用する場合、パッチを貼る際は心臓のマッサージの邪魔にならないように。心臓マッサージが何よりも優先で

重要です

 

IMG_1801.JPG        IMG_1798.JPG

 

IMG_1800.JPG

 

一時間という短い時間でしたが、とても濃厚な時間になりました!

これでわたしたちも一次救命処置に自信をもって行うことができます!

緊急時は、お客様を守るため迅速に対応していきます。

センター二色根・中の目では、職員の知識向上をめざし、

また、ご家族も参加できる研修を今後も企画していきたいと思っていますconfident

 

 

                                    【ケアセンターとこしえ二色根 介護職:高梨】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tokoshie.net/mt/mt-tb.cgi/5333

コメントする

このページの上へ